スタッフブログ No.6

2022年03月16日 20:32

やっと除排雪が・・・

こんばんは!

ロシアとウクライナの紛争による原油の先行き不安で灯油価格が毎週のように状況が変化しています。零細小売店の当社も、お客様からの値上がり質問に対し元売りの販売価格と政府の補助金のによる相殺で安くはならないけど据え置き〜というような説明を回答するのがなにかと大変です!

それでも悪路や除排雪作業をくぐり抜けてなんとかお客様の元へ辿り着き「待ってたよ〜」「助かるわ〜」の声を聞くと嬉しい気持ちで毎日頑張ってます。

さて、我がホームタウン新琴似西地区もいくつか町内会がありますが、当店が所在する三和地区ではパートナーシップの除排雪で実施する町内もあれば、地元の土建屋さんが行う除排雪の町内もあり、町の至る所によって除排雪の状況が異なります。パートナーシップの除排雪では今年の大雪のため作業を通常の7割程度までに止めると市長は仰ってましたが、実態はほとんど除排雪していっているような気がします。

雪を道路に残されても住民から文句を言われるし、作業する方も7割という尺度の判断が難しいので結局ほとんど10割やってしまった方が楽なのではないでしょうか?ただ、今日北区の北の方(篠路・拓北方面)に配達しに訪れた際にはしっかり7割を遵守したような地区も見受けられました。

この除排雪の件に関しては何も言うことはありませんが、タンクローリー乗りとしては「交差点の角を落としてほしい!」に尽きます。あとやっぱり路面の雪は下からかいてほしいですね。上から踏み固める新しい方式は直線は良いけど交差点の角は甘い気がします。乗用車は概ね問題ありませんが大型車や重量ある車は角を曲がろうとして切り返しているうちにタイヤが沈み、埋まってしまうのでこの方式では無理があると思います(私はこれで1回埋まってしまいました・・・)

あと、雪を踏み固める事で路面の地上高さがどんどんカサを増すのでせいぜい10センチまでに留めてほしいです。近所の道路は60センチくらい高くなっていて、平坦な道がアップダウンあるようになってしまっていました。4WD車なら問題ありませんが、一定数はFFの2WD車もいるので高低差のある坂道は登れていない同業者や箱車(宅急便や生協、ゴミ収集車)をよくお見かけしました。

今年が例年に無い酷い年ならば、当社もBCPの観点上、しばらく今年の記憶を忘れないで来シーズンの安定供給と無事故配達に備えたいなと強く感じた次第です。配達車両が使用不可だと事業継続に関わりますからね・・・

最後に、先日ついに当社付近の道路が除排雪完了しました。春はもうすぐそこですね!

  • 大型ロータリー車

  • 街の人は「ブル」と言います

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)